Appleの部屋

M1 MacBook Proの8ヶ月使用レビューをしてみる。「M1搭載mac=自信を持ってお薦めできるMac」

f:id:pecomaho_kazu:20211127084221p:plain   

今回はM1搭載MacBookProを八ヶ月使用してのレビューを書いていきたいと思う。買おうか迷っている人などの参考になると幸いだ。

 

↓今回レビューしている商品(Apple Storeからの購入の場合のみカスタマイズ可)

www.amazon.co.jp

www.apple.com

まず結論...

Macコスパで選ぶなら、M1搭載Mac一筋だ!

これまでは、Macは値段の割に性能が低いと言われていた時期が多々あった。しかし、M1搭載で、大きく変わったのだ。

少しでもM1チップを気になっているのなら、こんな記事を見る前に、MacBook Airでもいいから、勇気を振り絞って購入ボタンをクリックしてほしい。

ずっと見てられるほどの美しいデザイン

f:id:pecomaho_kazu:20211212115352j:plain

f:id:pecomaho_kazu:20211212115320j:plain

f:id:pecomaho_kazu:20211212115255j:plain

初めてMacBook proを買った身なので、まずデザインからお話しさせていただきたい。最初に見た時は、薄!?と声を出してしまうほど驚いた。ディスプレイの部分は、薄すぎるくらいだ。とにかく感動した v( ̄∇ ̄)ニヤッ

すぐ分かるRetina Displayの美しさ

f:id:pecomaho_kazu:20211212115326j:plain

画面の綺麗さには、本当に驚いた。私は、趣味で写真を撮っていて、よく写真をMacに取り込んで閲覧をしているのだが、明らかに今まで使っていたPCと違った。また、4Kの風景動画を見ることもあり、すぐに美しさを体感できた。解像度もすごい高いため、誰でも分かる美しさだと思う。是非、実機を見に行ってみてほしい。

キーボード

image:from apple

まず言えるのは、butterfly keyboardよりは圧倒的に打ちやすい。

しかし、現在自宅で使用するときは、過去に記事でも取り上げたApple wireless keyboardを基本使用している。やはりこちらの方が、キーストロークMacbookのmagic keyboardより深く、打った感触も強い。

しかし、キーボードの打ち心地は人によるので、気になっている方はぜひ店頭で試し打ちをしてほしい。

Touch Bar

ネットで見た限りでは、八割くらいの人がいらない•邪魔と言っているTouch Bar。

しかし私は、結構気に入っている。このTouch Barは、使っているアプリによって表示が変化している。Touch Barから、いろんな項目を選択できたりなど奥が深い。

Touch Barについては、別に記事をかきたいと思っている。

M1チップの凄さ

image:from apple

sこれについては、もう詳しく書かなくてもいいだろう。ほとんどの方が、この子の凄さを知っているはずだ。

めちゃくちゃ早い。アプリの立ち上げや、スリープからの起動などなど...

CPU•GPU性能も、素晴らしい。ガチガチの4K動画編集や、3DCGなど重い作業をしない人なら、M1チップ搭載Macで十分だ。この性能が、最安で約80,000円(Mac MIni最小スペック)で手に入るのは本当に革命が起きてると感じた。

また、バッテリー駆動時間も素晴らしい。ネットサーフィンくらいだったら、余裕で一日は充電せずに使えると思う。

  Rosetta2が素晴らしい

これに関しては、流石Appleという言葉しかない。一部のソフトを除いて、ほとんどのソフトが、きちんと使えている。しかもM1チップの素晴らしい性能を維持したままでだ。これなら、アプリの非対応でApple silicon搭載モデルを選べないという理由も少しは収まるかも?

バグが多く不安定な部分も...

私の環境で頻繁に起きているのは、主にBluetooth接続不良問題だ。急にマウスが認識されなくなったり、macだけAirPodsが接続できなかったり...

実際、少し頭に来るくらい悩まされた。

だが、M1macで起きていたbluetooth接続不良問題は、macOS11.2で解消されていたようだ。この不具合は、もしかしたら私の環境に何らかの問題があるのかもしれない。この不具合に関しては、検証をしていきたいと思った。

また、最近レインボーカーソルが多発している。メモリ不足ということもないのだがアプリのフリーズが目立っている。この問題は、macOS BigSurにダウングレードしたら落ち着いたので、もしかしたらMontereyのバグだったかもしれない...

USB-Cポートの位置

下位版の位置付けであっても、正面から見て左側に二つしかUSB-Cポートを搭載してないのは流石に不便だ。使う場所によっては、右側から給電した方がいい場面があるのだが、右側にはイヤホンジャックしかないため不可能だ。

私としては、これまでの上位版のように左右に二つずつのUSB-Cポートが欲しかった...

SDカードスロット

私は、USBハブを通してSDカードを挿す時にいつも「なぜSDカードスロットを無くした?」と言いたくなる。このくらいの薄さやったら、SDカードスロットも搭載できたやろぉって思った。だが、2016の発表会でも、USB-Cだったら映像出力もSDカード認識も多くのことが一つのポートで可能になるみたいなことを言っていたから、AppleさんはUSB-Cで全て補って欲しいというメッセージなのだろうか...

最後に...

さて、ここまで私の思った感じたことを正直に書いてきたが、M1Macが素晴らしいというのは、間違いない。はっきり断言できる。

まだ、バグが多いなど、不安定な部分はあるが、年を重ねるにつれて改善されていき、intel mac時代と同じ快適性が実現されるに違いない。

この過程を見届けるのも、Apple信者の一人としての楽しみだと思ってる。これからが非常に楽しみである v( ̄∇ ̄)ニヤッ

是非Macの新たな時代を、皆さんも体験して感動してほしいと思う。

Happy apple slicon Mac day to you...